大阪梅田のポクポクマッサージ
(タイ伝統木槌療法トークセン)

〒530-0023 大阪府大阪市北区黒崎町
天満・天神橋筋六丁目・扇町・中崎町より徒歩5分

営業時間

10〜21時
(最終受付)

休業日

火曜日・祝日

営業電話厳禁
(問い合わせからのみ受付)

完全予約制
新規様1日2名限定
24時間フォームから予約受付

050-3786-9608

腰痛

大阪梅田のポクポクマッサージ(タイ伝統木槌療法トークセン)

2012年腰痛診療ガイドライン

2012年日本腰痛学会・日本整形外科学会から「腰痛診療ガイドライン」が発表されました。2004年にヨーロッパガイドライン(オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、イスラエルイタリア、オランダ、ノルウェー、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス)が発表されましたが、日本の医療は遅れていると言わざるをえません。

腰痛診療ガイドラインで述べられているのは、

  • 特異的腰痛(原因が特定できる腰痛)は約15%で、レッドフラッグとも呼ばれています。
  • それ以外の85%は原因が特定できない非特異的腰痛です。
  • 原因の分からない腰痛の90%が6週間以内に回復している。
  • 適切な情報を与えて患者を安心させる
  • ベッドでの安静を指示しない
  • 活動性を維持し、できれば仕事を含む日常生活を続けるよう患者に勧める
  • 適切な情報を与えて患者を安心させる

安心して下さい!ほとんどは、普通にしていれば自然にによくなりますよ♪

NHKの番組でも取り上げられましたが、腰痛ガイドラインでは、

  • 椎間板ヘルニアと腰痛は無関係である
  • 健常者と腰痛患者との間で椎間板ヘルニアの検出率に統計的有意差はない
  • 椎間板ヘルニアの手術と保存療法の長期成績に差はない。

とあります。腰痛の無い人を集めて、レントゲンをとったら、腰痛があるひとと同じくらいの割合でヘルニアがみつかったという研究結果が多数出ています。

ヘルニアがあっても、大丈夫!痛くない人がほとんどですよ♪

気をつけて!日本は薬大国

抗不安薬は、短期的な処方が、世界的には推奨されています。

日本だけ、異常に薬を処方しています。気をつけないと依存症になっちゃいますよ!

 

各国のベンゾジアゼピン処方規制ガイドライン

 

◆イギリス 医薬品安全性委員会:ベンゾジアゼピンは短期間の救済措置(2~4週間のみ)のみの適用である。 ベンゾジアゼピンはうつを引き起こしたり悪化させ、また自殺の危険性を高める。 イギリス国立医療技術評価機構が定めた「2週間以上のベンゾジアゼピン投与は行わない」という文章を明示した。

◆アイルランド ベンゾジアゼピン委員会報告:ベンゾジアゼピンの処方は通常1ヶ月を超えるべきではない

◆フランス 厚生省医薬品情報:ベンゾジアゼピン投与は可能な限り短期間・少量でなければならず、 不安治療では12週、不眠症治療では4週を超えてはならない。 フランス高等保健機構(HAS):HASはフランスが欧州において睡眠薬の大消費国であることを問題としており、 処方は最大30日までと勧告しているが、調査では65歳以上人口の27%が慢性的に服薬しており、 断薬ガイドラインを公開している。

◆カナダ カナダ保険サービス:2~4週間以上の処方について認可しない(カナダ保険省勧告) ベンゾジアゼピンの長期処方にはリスクが存在する。 不安・不眠について適切な利用及び薬物依存を避けるために、新規処方は注意深く観察すべきであり、 処方期間は限られるべきである(不安には1~4週、不眠には14日まで)。

◆ニュージーランド 保健省医薬品・医療機器安全庁(Medsafe)の不眠治療に関する勧告: 鎮静薬およびベンゾジアゼピンは通常短期間に限るべきである。 長期間のベンゾジアゼピン服薬者は徐々に減薬・断薬を行うべきであり、 数か月以上かけた減薬で離脱症状を軽減できるであろう。

◆デンマーク 国立衛生委員会:ベンゾジアゼピンの処方は、睡眠薬では最大2週間、 抗不安薬では最大4週間に制限することを推奨する。 保健省の依存性薬物処方ガイドライン: 全般性不安障害・パニック障害・不安障害の第1選択肢は抗うつ薬である。依存性があるため、ベンゾジアゼピンの処方は非薬物療法などそれ以外全てで治療できない場合のみに限定されなければならない。 処方期間は4週間を目処にしなければならない。長期間の治療は避けなければならない。

◆ノルウェー 国家保健委員会:ベンゾジアゼピンの日常投与は4週間を超えてはならない

◆スウェーデン 医療製品庁(MPA)不安の薬物治療ガイドライン: 薬物依存を引きこすため、不安の薬物療法にベンゾジアゼピンは避けなければならない。 薬物中毒の可能性があるため、ベンゾジアゼピンは数週間以上の治療には推奨されない

◆香港 香港ではすべてのベンゾジアゼピンに対して1992年から 通常の処方箋とは別に、供給と調剤について詳細な記録をつけることが求められる。 (麻薬に準じた規制)

イエローフラッグ(心理・社会的要因)

腰痛診療ガイドラインでは、6週間〜3ヶ月以上続く腰痛には、イエローフラッグ(心理・社会的要因)が関与していると発表しています。簡単に言うと「ストレスで胃が痛くなる」のと同じように「ストレスで腰が痛くなる」のです。勧告(アドバイス)として

  • 運動
  • 考え方の偏りを直し、行動の仕方を変える「認知行動療法」

を強く推奨しています。

脳のパターンを変える

当オフィスでの腰痛に対するアプローチは、様々なストレス(刺激)に対する反応を切り替えて、ストレスと調和できるようにしていきます。

自律神経が安定して、筋肉がリラックスしてしっかり働くようになり、自然によくなるサイクルに戻していきます。

梅田腰痛におこまりなら大阪梅田のポクポクマッサージにご相談ください。

 

大阪梅田のポクポクマッサージ(タイ伝統木槌療法トークセン)

お問合せはこちら

大阪梅田のポクポクマッサージ
(タイ伝統木槌療法トークセン)

お問合せ・ご予約は、お電話・メールフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

完全予約制(新規様1日2名限定)

※1人で施術していますので、2人同時の施術は出来ません。

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

「フォーリーフカイロプラクティックです。と電話に出ます。希望のコースと日時を教えて下さい。」

  • スタンダードコース 50分7000円
  • 疲労回復コース 100分13000円
  • カイロプラクティック 20分4000円
  • ストレス適応コース 50分10000円
  • 体の楽な使い方指導 50分10000円

※初回はコースの時間に加え、プラス20分検査・カウンセリング・説明の時間を余分に頂きます。

※どのコースにもカイロプラクティック(アクティベータメソッド)が含まれます。

※大阪近辺へ出張可能。出張料5000円

050-3786-9608

受付時間:10~21時(最終受付)

定休:火曜・祝日

住所 大阪市北区黒崎町

お問い合わせフォームから24時間予約受付

代表プロフィール

杉本康紀
(すぎもと やすのり)
資格
  • WHO国際基準カイロプラクティック教育ガイドラインクリア(4年間4500時間)カテゴリーⅠa
  • アクティベータメソッド国際認定(ベーシック)

大阪梅田のポクポクマッサージ(タイ伝統木槌療法トークセン)

完全予約制

050-3786-9608

住所

〒530-0012
大阪府大阪市北区黒崎町
フォーリーフカイロプラクティック内

天満、天神橋筋六丁目、扇町、中崎町から徒歩5分

営業時間

営業時間

10〜21時

休業日

火曜日・祝日

お問合せ・お申込み

完全予約制

050-3786-9608

お問い合わせフォームから
24時間予約受付