大阪梅田のポクポクマッサージ
(タイ伝統木槌療法トークセン)

〒530-0023 大阪府大阪市北区黒崎町
天満・天神橋筋六丁目・扇町・中崎町より徒歩5分

営業時間

10〜21時
(最終受付)

休業日

火曜日・祝日

営業電話厳禁
(問い合わせからのみ受付)

完全予約制
新規様1日2名限定
24時間フォームから予約受付

050-3786-9608

大阪梅田のポクポクマッサージ(タイ伝統木槌療法トークセン)

マッサージってそもそも何?

マッサージの語源

マッサージ

マッサージの語源は、ギリシャ語のマッシー(揉む)または、アラビア語のマス(揉み込む)に、フランス語のアジ(操作する)という語尾が付いた造語とされています。

マッサージの歴史

紀元前4世紀頃、ギリシャの医聖ヒポクラテスが他の医師たちに対し、「マッサージの研究をすべきである」と必要性を説いています。

 

しかし、その後医学としてのマッサージが伝わる事はなく、民間療法としてのこりました。

 

16世紀後期、フランスの医師である、アムグロアスバレーがマッサージの効能や必要性、医療術を研究し、フランス中にマッサージの効力を強く、主張しました。これによって、マッサージ療法は、医療法としてだんだん見直されるようになり、広まっていきました。

 

18世紀~19世紀頃になると、スウェーデンのバー・ヘンリック・リングが治療体操を用いてマッサージについても研究をし、スウェーデンマッサージの基礎を作り上げます。これをもとにマッサージはオランダ、ドイツ、フランス、ポルトガルなど、欧州に広まっていきました。その後、マッサージ医療が医療術の一つとして現在に至っています。

日本でのマッサージ

日本においては元々按摩が用いられてきました。

 

明治時代に軍医で初代日赤病院院長の橋本綱常(はしもと・つなつね:1845-1909)が大山巌陸軍卿に随行して1884年(明治18年)のヨーロッパ医事制度視察の際にオーストリアからドイツ語のDr. Albert Reibmayr著Die Technik der Massage.(1882年初版)を持ち帰りました。

 

これを橋本綱常(はしもと・つなつね:1845-1909)が陸軍軍医総監の長瀬時衝(ながせ・ときひら:1836-1901)に紹介しました。広島博愛病院の院長だった長瀬は1885年から、これを広島の病院で試して著効を得て、1893年に退官して、東京飯田橋で仁寿病院を設立した際にマッサージを治療に用いました。

 

1895年には長瀬時衝(ながせ・ときひろ)は日本初のマッサージの翻訳本「『萊氏按摩新論』(『Die Technik der Massage』Dr. Albert Reibmayr著)」を出版しています。

 

近代鍼灸教育の父と言われる奥村三策(おくむら・さんさく1864-1912)は長瀬からマッサージを学び、これが現在の日本の「マッサージ」の基礎となったようです。

 

この日本に文献で伝わった「西洋式マッサージ」はオランダ人ヨアン・ゲオルグ・メッツアーの古典的マッサージのようです。

日本での法的扱い

日本の法令でマッサージの厳密な技術定義は規定されていません。

法定義されていない理由として、当時手技を使って人体表面を刺激する他の手技療法が、あん摩マツサージ指圧師が行う手技療法以外日本国内には存在せず、わざわざ「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」で法定義をする必要が無かったのがその理由のようです。

無資格マッサージ師問題

名称の如何に関わらずマッサージを業とできる者は、医師以外では「あん摩マッサージ指圧師」の有資格者のみです。あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律には、「あん摩」や「マッサージ」の行為・方法の定義がされていない為、職業選択の自由もあり医業類似行為として【人体に害を及ぼさない限り】容認されているのが現状です。

 

そこで問題となるのが、民間療法などで、医学的知識の乏しい者による施術で、骨折や挫傷・小児の死亡など、傷害事故が問題となっています。

当店の施術者は基礎医学の教育をうけています。

大阪梅田のポクポクマッサージ(トークセン)の施術者(杉本康紀)は、WHOカイロプラクティック教育ガイドライン(全日制4年間4500時間)の教育をクリアしており、基礎医学624時間、臨床医学718時間を修めています。これは柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師が履修する時間と遜色ありません。

日本独自のマッサージ手技

  • あん摩
  • 指圧

世界のマッサージ手技

 

大阪梅田のポクポクマッサージ(タイ伝統木槌療法トークセン)

お問合せはこちら

大阪梅田のポクポクマッサージ
(タイ伝統木槌療法トークセン)

お問合せ・ご予約は、お電話・メールフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

完全予約制(新規様1日2名限定)

※1人で施術していますので、2人同時の施術は出来ません。

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

「フォーリーフカイロプラクティックです。と電話に出ます。希望のコースと日時を教えて下さい。」

  • スタンダードコース 50分7000円
  • 疲労回復コース 100分13000円
  • カイロプラクティック 20分4000円
  • ストレス適応コース 50分10000円
  • 体の楽な使い方指導 50分10000円

※初回はコースの時間に加え、プラス20分検査・カウンセリング・説明の時間を余分に頂きます。

※どのコースにもカイロプラクティック(アクティベータメソッド)が含まれます。

※大阪近辺へ出張可能。出張料5000円

050-3786-9608

受付時間:10~21時(最終受付)

定休:火曜・祝日

住所 大阪市北区黒崎町

お問い合わせフォームから24時間予約受付

代表プロフィール

杉本康紀
(すぎもと やすのり)
資格
  • WHO国際基準カイロプラクティック教育ガイドラインクリア(4年間4500時間)カテゴリーⅠa
  • アクティベータメソッド国際認定(ベーシック)

大阪梅田のポクポクマッサージ(タイ伝統木槌療法トークセン)

完全予約制

050-3786-9608

住所

〒530-0012
大阪府大阪市北区黒崎町
フォーリーフカイロプラクティック内

天満、天神橋筋六丁目、扇町、中崎町から徒歩5分

営業時間

営業時間

10〜21時

休業日

火曜日・祝日

お問合せ・お申込み

完全予約制

050-3786-9608

お問い合わせフォームから
24時間予約受付